豊胸・バストアップ方法 > 豊胸手術の注意点

豊胸手術の注意点

現在では、積極的に豊胸治療が行われるようになっていますが、これまでの豊胸治療の歴史においては、副作用や合併症の連続だったようです。

女性の乳房というのは、体の中でも特殊な部分とされるので、そう簡単に再現するのは難しいということです。

豊胸手術を成功させるためには、仕上がったバストの大きさや形状、柔軟性とともに、安全性の継続が求められるのです。

長年にわたる試行錯誤の結果、現在の豊胸術に至るわけですが、それでもまだ100%完璧な手術とは言えないようです。

それでは、豊胸手術における問題点や注意点とは、どのようなことでしょうか。

一つは、左右のバストの大きさや形状などを、完璧に患者の理想とするものに仕上げることが難しいことです。

患者が要求するものがあまりに多いと、手術後に後悔する可能性があるということです。

また、人工乳腺法による豊胸手術では、体内に豊胸バッグという異物を入れるので、硬直する可能性があります。

ただ、現在使用されている豊胸バッグでは、指示されたマッサージなどのアフターケアを行なうことで、ほとんどの場合が解決できるようです。

そのほかの問題点・注意点としては、切開した部分の傷跡が残ってしまうこと、成長期の豊胸手術は避けたほうが良いこと、わずかながら授乳する際に障害が起きる可能性があること、などが挙げられます。

また、手術をする医師の問題点ですが、感染症や合併症などの発症に対しても注意しなければいけません。

豊胸・バストアップ方法