豊胸・バストアップ方法 > 豊胸手術の種類

豊胸手術の種類

胸は女性の象徴です。

それだからこそ、多くの女性が胸に関するさまざまな悩みを抱えています。

胸をもっと大きくしたい、きれいな形に整えたい、陥没している乳首を治したいなど、女性ならば胸のことで悩んだ経験あると思います。

今では、美容外科に行けば、そんな悩みも解消してくれます。

でも、どんな方法で手術が行なわれるのかなど、いくつか不安があると思います。

そこで、豊胸手術だけでも、さまざまな手術方法があるので、簡単に説明しようと思います。

肌を切らないで短期間で胸を大きくしたい人や、誰にも気づかれないように、人工物を体の中に入れたくないという人に、おすすめなのがヒアルロン酸注入法です。

この方法は、とても体に安全で違和感もなく、アレルギーを起こす心配もありません。

個人差はありますが、一回注射すると効果が1~2年程度持続し、サイズは約1~2カップ大きくなります。

入院や通院することもなく、10分程度の治療で終わります。

手術が怖い方にとって、最適な豊胸方法だと思います。

自然な胸の形にしたい人や、 バストアップを持続させたい人や、出産や授乳によって垂れてしまった胸が気になる人には、人工乳腺法が向いています。

この方法は、人体に安全なさまざまなタイプのバッグを胸元に挿入することで、バストアップを実現します。

できる限り自然なバストのラインにするために、挿入するバッグの種類や元の胸の大きさによって、それに最も適した手術方法を選びます。

それぞれの方法に、長所短所があると思うので、自分の目的に適したものを選択してください。

豊胸・バストアップ方法