豊胸・バストアップ方法 > 豊胸手術後の注意点

豊胸手術後の注意点

豊胸手術を終えて、憧れのバストを手に入れた後にも、注意する点やケアの仕方などを知っておく必要があります。

豊胸バッグを挿入する豊胸手術を受けた後は、豊胸術後マッサージをしっかりと行わないといけません。

体の中に、豊胸バッグという異物を挿入したことで、自然に起こる反応として、豊胸バッグの周りには被膜ができます。

これは豊胸バッグを異物であると体が察知し、その異物から体を守ろうとするためです。

手術後の体は、豊胸バッグの周りに被膜を作って、異物を小さくしようと締め付ける働きがみられます。

だから、皮膜が豊胸バッグの周りにできたままの状態にしておくと、だんだん締め付けられ、豊胸バッグが堅くなってしまいます。

そのため、胸が手術後に硬くなる場合があるのです。

さらに放っておくと、最悪の場合、豊胸バッグが破壊されることもあります。

このようなことから、豊胸術後には、マッサージをしっかり行わないといけないのです。

きちんとマッサージを行うことで、被膜の豊胸バッグへの密着を緩め、豊胸バッグを保護することができるのです。

そのほかの注意点として、豊胸術後の1週間程度は入浴を控えてください。

シャワーくらいなら、5日後くらいから大丈夫です。

また、喫煙や飲酒は、手術後の1~2ケ月くらいは控えてください。

傷跡の治り具合に非常に影響してきます。

ブラジャーを着用するのも、控えた方がよいです。

あとは、しっかりと医師の指示に従うことが大切です。

そして、せっかく手に入れた美しいバストなので、大切に保ってあげてください。

豊胸・バストアップ方法