豊胸・バストアップ方法 > 大胸筋下法とは

大胸筋下法とは

豊胸手術の人工乳腺法のうち大胸筋下法とは、肋骨と大胸筋の間に豊胸バッグを挿入するという方法です。

肋骨の上、大胸筋の下にバッグを入れる形になります。

豊胸手術をこの大胸筋下法で行った場合、そのメリットは、脇の下などの隠れる部分を切開して、そこからバッグを挿入するので、傷跡がほとんど目立ちません。

また、バッグを大胸筋の下に入れるので、バッグそのものの形が出にくく、見た目はとても自然に仕上がります。

この人工乳腺法に適している人は、乳腺があまり発達していないため、乳腺が少ない人だそうです。

つまり、胸のボリュームがほとんどない人です。

また、やせている人であっても、どのような体型の人であっても、適しているようです。

逆にこの方法が適さない人は、スポーツなどによって、大胸筋が鍛えられているような人です。
手術後に仕上がった胸の感触が、このような人の場合、硬くなってしまうのです。

大胸筋下法を行った場合のデメリットとしては、大胸筋によって豊胸バッグがつぶされてしまうことがあります。

また、手術後行なうマッサージがかなり痛かったり、乳腺下法に比べ、手術後にかなり痛みを感じたりすることがあります。

胸を触った感じは、筋肉を触っているようで少し硬く感じます。

乳腺を傷つけてしまうことはないですが、そのために高度な技術を要します。

これらのことが、大胸筋下法のデメリットと言えます。

よく医師と相談して、自分に適した手術方法を選択してください。

豊胸・バストアップ方法