豊胸・バストアップ方法 > 人工乳房手術の危険性

人工乳房手術の危険性

人工乳房とは、乳がんなどの病気で乳房を失ってしまった方が、乳房を再び手に入れるために使用されるものです。

しかし、完全に安全なものとは言えません。

それでは、どんな危険性があるのでしょう。

体の中に人工乳房を入れると、それを異物と認識するので、カプセル拘縮を起こしやすくなります。

最新のバッグは、安全になってきたといわれますが、カプセル拘縮の可能性が低いだけで、100%大丈夫というわけではありません。

だから、どんなに安全なバッグを挿入したとしても、カプセル拘縮が起きるかもしれないことを忘れないでください。

カプセル拘縮を起こしてしまったら、乳房が硬くなって不自然な形になります。

また、痛みを伴うような場合は、再手術をしなければいけないことがあります。

この再手術では、人工乳房と一緒に硬縮してしまった部分を取り去るか、別のバッグと取り替えるか、という方法になります。

それでは、人工乳房はどれくらいの耐久性があるのでしょう。

外層が薄い人工乳房は、破損しやすく破れることがあります。

1990年初め頃からイギリスで使用されているものは、破れにくいといわれますが、実際のところ、破損する確率がどれくらいか、ということは明確には分かりません。

破れてしまった場合でも、シリコンジェル人工乳房のほとんどが、シリコンジェルと一緒に体内から取り除くことができます。

ところが、シリコンが外に漏れて広がってしまった場合、シリコノマスという塊ができることがあります。

そのような場合は、局部に激しい痛みを感じます。

だから、激しい痛みを感じたら、すぐに医師に相談してください。

豊胸・バストアップ方法